living-room

家具や家財を運べる業者は数あれど、どこが良いのか候補を上げてみます。

 

まずはヤマトや日通、佐川といった大手運送業者です。

 

一つずつ荷物を運ばずに、混載便と言うまとめて輸送する方法のため費用が安く付きます。

 

ただし、荷造りにおいては、簡易養生は行っても、建物自体の養生は基本的に有料となるもしくは行わない為、サイズが大きい家具の場合は事前に確認が必要です。

 

 

次に引越し業者です。

 

引越し業者は荷造りを毎日のように行っているため、梱包作業に関してはプロ同然です。

 

ただし、トラックを貸し切り運搬する方法のため、家具に対する安心感はあれど時期によっては運賃が高額になり、値引き自体にも柔軟ではない業者も存在します。

 

また、引越し業者の中で大手と呼ばれるのは、アート引越センター、アリさんマークの引越し社、サカイ引越センターの3社になります。

 

大手でも営業所による対応や技術のスキルが異なるため、ウェブで各営業所の口コミを参考にするようにして下さい。

 

 

最後に、軽貨物の輸送を得意とする業者、中でも赤帽が有名です。

 

計算方法は、タクシー料金のように距離で算出されるため費用の面では、一番安く済みます。

 

ただし、長距離輸送になると、帰り賃の高速代や、運賃を請求される場合があります。

 

また、基本的に作業スタイルとして1人作業のため、家具が出せない、入らない、持てない場合は依頼者の協力が必要になります。

 

また梱包作業については簡易養生になります。

 

どこが一番いいのかは、どこを譲れるかで変わってきますので、費用なのか安全面なのかを選ぶようにして下さい。

 

人が行う事なので絶対はありませんが、最低限、保険に加入している業者だけを確認し利用するのようにして下さい。

 

ちなみに、オークションでの荷物の配送に引越し業者を利用する事も可能です。

 

送り主と受け取り主が異なっても、双方が納得していれば問題なく、ケースバイケースで対応してもらえます。

 

要は安くかつ安全に運べる業者であることが大事なので事前に複数での見積もりは必要です。

 

もし、どこに依頼するのが良いのか迷ったらこちらのサイトを参考にして下さい。

家具の運搬.com
(家具の運搬を安く運べる業者の選び方や目安料金、注意点などを掲載)